このページに書いている内容は、グループウェア機能を使用する場合にだけ必要となります。
Ver.7.0.1.77〜7.0.2.9までのバージョンではグループウェア機能が正常に動作しません。サーバー、クライアント共に Ver.7.0.2.10 以降の最新版に更新してください。

Windows10では、Windowsアップデート後にサーバへの接続ができなくなる事例が発生しています。その場合、「グループウェア機能が動作しない場合のチェックリスト」に記載した操作でWindowsファイアウォールの設定を復活できますので、お試しください

ユーザー様の環境でグループウェア機能が安定して動作することをご購入前に必ずご確認ください。

速度の遅い回線や不安定な接続の場合、サーバとクライアントの接続が切断されることがあります。
セキュリティソフトの影響で、サーバとクライアントの接続が確立できないことがあります。

社外から社内のサーバにアクセスする場合、必要に応じて会社のルーターの設定で15882番ポートを通すようにしてください(ルータにより異なりますので、設定方法は弊社からご案内できません)。
社外から社内のサーバにアクセスする場合、画像を扱う必要上、高速な通信回線でご使用ください。

プログラムの更新を行う場合、サーバとクライアントをすべて同じバージョンにしてください。
プログラムの更新を行う場合、「自動更新」は行わず、コントロールパネルの「プログラムと機能」で削除した後、最新版をダウンロードしてインストールしてください(データは保存されます)。
シーサイドソフトのHPの「最新版」は逐次更新されます。パソコン追加や入れ替えに備え、ダウンロードしたインストールプログラムを保存しておくことをお勧めします。

グループウェア機能について

グループウェア機能は、サーバコンピュータに全てのデータを保有して、社外や社内のインターネットに接続された複数のコンピュータ(クライアント)から、サーバコンピュータ内のブックを編集したり閲覧できる機能です。

他のソフトに比べて、極めて安価に本格的なネットワーク共有システムを構築できます

グループウェア機能は、試用版で全ての機能をテストできます。
グループウェア機能をどういう場合に使用するか
グループウェア機能は、下記のような状況に最適な機能です。
グループでブックを共有して編集したい
現場で撮影した写真をすぐに会社のサーバにアップロードしたい(十分な速度のモバイル通信の手段が必要です)
自宅から会社のサーバにアクセスして画像の整理をしたい
データの保全を考えて、画像データを一括管理したい
グループウェア機能の設定方法の概要
設定方法は至って簡単です。

(1)サーバに割り当てるコンピュータにプログラムをインストールします。
(2)プログラムを起動して、「設定」ダイアログボックスを開いて、「サーバ」の設定を行います。
(3)クライアントに割り当てるコンピュータにプログラムをインストールします。
(4)プログラムを起動して、「設定」ダイアログボックスを開いて、「クライアント」の設定を行います。
(5)社外からアクセスする場合は、必要に応じて15882番ポートを通すようにルーターの設定を行います。

これだけで、クライアント・サーバシステムが構築できます。

サーバコンピュータにも、クライアントコンピュータにもインストールするプログラムは同じで、製品ページからダウンロードできます。
設定方法の詳細については、「サーバPCの設定手順」、「クライアントPCの設定手順」をご覧ください。
ライセンスについて
従来、高価だったグループウェア機能を非常に安価に提供しています。サーバやクライアント専用のプログラムやライセンスは必要ありません。通常のライセンスを購入してサーバやクライアント用の設定を行うだけです。

グループウェア機能を使用しないで1台のPCで使用する場合は、
   オンライン1ライセンスを1つ購入して 10,000円(税抜)
ですが、グループウェア機能を使用する場合、

・1ライセンスを2つ購入して、1つのライセンスをサーバPCに割り当て、もう1つをクライアントに割り当てる
   オンライン1ライセンスを2つ購入して 10,000円×2=20,000円(税抜)

・5ライセンスセットを購入して、1つのライセンスをサーバPCに割り当て、残り4つをクライアントに割り当てる
   オンライン5ライセンスセットを1つ購入して 35,000円(税抜)

・10ライセンスセットを購入して、1つのライセンスをサーバPCに割り当て、残り5つをクライアントに割り当て、残り4つをスタンドアロン(サーバでもクライアントでもない、通常の動作を行うモード)として使用する
   オンライン10ライセンスセットを1つ購入して 60,000円(税抜)

など、購入したライセンスをどのような用途に使用するかはご自由です。