黒板の自動検出機能について

黒板の自動検出機能は、画像認識技術によって黒板が入っている写真内の黒板を自動的に認識して、写真情報入力時に拡大表示する機能です。
黒板の色合いや光の反射、その他の条件によって、黒板を認識できない場合があります。

1.写真帳編集ウィンドウを開きます
2.「写真の情報」ダイアログボックスを開きます ┐離謄スト表示部分をクリックして、「写真の情報」ダイアログボックスを開きます。

3.黒板の自動検出機能を有効にします 「写真の情報」ダイアログボックスの,痢峭板を検出して拡大」ボタンを押すとの部分に自動検出した黒板を拡大表示します。
,良分の説明 「黒板を検出して拡大」ボタンを押すと写真内に黒板がある場合、黒板を自動検出しての部分に拡大表示します。
「AIを使用する」チェックボックスをチェックすると、AI(人工知能)によって黒板の領域を高精度に判定します(パソコンがインターネットにつながっている場合のみ使用可能です)。
△良分の説明 写真+写真情報領域を縮小表示しています。
の部分の説明 △旅板部分を拡大表示しています。
の部分はマウスドラッグで移動できます。
い良分の説明 の部分を拡大したり縮小したりするためのボタンです。
マウスホイールでも拡大・縮小を行えます。