施工管理ソフトウェア産業協会の工事写真レイヤ化検定に合格しています施工管理ソフトウェア産業協会の小黒板情報電子化検定に合格しています施工管理ソフトウェア産業協会の信憑性確認検定に合格しています
一発!工事写真台帳PlusスマホでアルバムPlusJ-COMSIAの認定ソフトです
工事写真レイヤ化検定小黒板情報電子化検定信憑性確認検定 に合格しています(ソフトウェア検定合格証が電子納品時に必要な場合は、お問い合わせからご請求くださればPDFでお送りします)。

Windowsタブレットで公共工事の電子納品用に改ざんチェック値や電子小黒板を入れて写真を撮影する方法

【ショートビデオによる説明】
この機能は「一発!工事写真台帳Plus2024」の機能です。通常版の「一発!工事写真台帳2024」にはありません。
「一発!工事写真台帳Plus2024」を起動して「本棚を追加」ボタンを押してください。
,破榁名を入力して、△鬟船Д奪して「OK」ボタンを押してください。
国土交通省の電子納品要領から選択して「OK」ボタンを押してください。
工事管理情報を入力して「OK」ボタンを押してください。
新しくできた本棚内に写真帳を作成します。「写真帳を追加」ボタンを押してください。
写真帳の名前を入力して「OK」ボタンを押してください。
新しくできた写真帳の編集画面が開くので、「写真を追加」ボタン−「カメラで撮影して追加」を選択してください。
撮影のためのウィンドウが開くので、矢印の黒板ボタンを押してください。
電子納品用の写真を撮影するためのダイアログボックスが開くので、赤枠内の「改ざんチェック値を撮影時に埋め込む」をチェックしてください。
10 赤枠内で、撮影するファイルの種類を選択できます。
JPEGファイルは、従来からある一般的な写真のファイル形式です。
SVGファイルは、撮影後に配筋図などの注釈図を写真に書き込める新しいファイル形式です。SVG形式での納品が可能かは発注者に確認してください。
11 赤枠内の「デジタル写真管理情報を編集」ボタンを押します。
12 デジタル写真管理情報を入力します。
ここで入力する情報は撮影時に写真に埋め込まれます。
写真ごとに埋め込む情報を変えたい場合は、各々の写真の撮影前に情報を編集してください。
情報を入力し終わったら、「OK」ボタンを押してください。
13 赤枠内で入力したデジタル写真管理情報を確認できます。
14 電子納品対応の小黒板を写真に埋め込む場合は、,痢崚纏匸黒板を表示する」をチェックして、△痢崚纏匸黒板を編集」ボタンを押してください。
小黒板を表示しない場合は、「電子小黒板を表示する」をチェックしないで「20」に進んでください。
15 黒板に表示する内容を入力してください。
デジタル写真管理情報と項目名が同じ場合はデジタル写真管理情報の値が入ります。

このダイアログボックスの詳細な説明は、「写真に黒板を表示する」のページ内の説明をご覧ください。
16 黒板に絵を描く場合は、,痢岾┐鯢舛」をチェックして、△痢岾┐鯢舛」ボタンを押してください。
17 ペイントが起動するので、絵を描いて右上の「x」ボタンを押して保存して閉じてください。
18 よろしければ「OK」ボタンを押してダイアログボックスを閉じてください。
作成した黒板はリストに保存して再利用できます「黒板の編集」ダイアログボックスの説明
19 赤枠内で入力した黒板の位置や内容を確認できます。
20 よろしければ「OK」ボタンを押してダイアログボックスを閉じてください。
21 矢印のカメラボタンを押すと写真を撮影できます。
22 撮影した写真がページに入ります。
写真上にいくつかのマークが表示されていますが、各々の意味は下記になります。
写真に改ざんチェック値が埋め込まれていることを示しています。
写真にデジタル写真管理情報が埋め込まれていることを示しています。
この部分をクリックするとデジタル写真管理情報を表示します。
この部分をクリックすると写真に埋め込まれている黒板の位置やサイズを変更できます(SVGファイルで黒板が埋め込まれている場合のみ表示します)。
この部分をクリックすると配筋図などの注釈図を作成して写真に埋め込むことができます(SVGファイルの場合のみ表示します)。