施工管理ソフトウェア産業協会の工事写真レイヤ化検定に合格しています施工管理ソフトウェア産業協会の小黒板情報電子化検定に合格しています施工管理ソフトウェア産業協会の信憑性確認検定に合格しています
一発!工事写真台帳PlusスマホでアルバムPlusJ-COMSIAの認定ソフトです
工事写真レイヤ化検定小黒板情報電子化検定信憑性確認検定 に合格しています(ソフトウェア検定合格証が電子納品時に必要な場合は、お問い合わせからご請求くださればPDFでお送りします)。

SVG形式の写真に配筋図などの注釈図を作成して埋め込む方法(Android、iOS)

この機能は「一発!工事写真台帳Plus8」の機能です。通常版の「一発!工事写真台帳8」にはありません。
「スマホでアルバムPlus3」で撮影したSVG形式の写真では、写真の左上に矢印で刺しているマークが表示されるので、このマークを押すか、テキスト部分を押します。

赤枠内の「注釈図を描く」ボタンを押します。

描画画面に転換するので写真に書き込みをします。
書き込みが終わったら、「保存して戻る」ボタンで戻ります。
注釈図は何度でも書き直せます。

注釈図と注釈図が埋め込まれたSVGが表示されます。
このままでは黒板が邪魔なので黒板をドラッグして別の場所に移動してください(諸事情により黒板の移動機能は停止しているので、予め注釈図に重ならない位置に黒板を配置してください)。


このSVG画像は「写真」、「注釈図」、「黒板」の3つのレイヤーがありますが、各々のレイヤーを強調表示することができます。

矢印の「写真」ボタンを押すと写真レイヤーが強調表示されます。

同様に、「注釈図」ボタンを押すと注釈図レイヤーが強調表示されます。

「黒板」ボタンを押すと黒板レイヤーが強調表示されます。

「SVG」ボタンを押すとSVG内の3つのレイヤーを重ねて表示します。

「戻る」ボタンを押して完了です。

メイン画面にも反映されました。
注釈図は何度でも書き直せます。