プログラムの更新方法

プログラムの更新履歴については下記のページをご覧ください。
同一バージョン(バージョンの表記が「x.y.z(x, y, zは数字)」とある場合の「x」部分が同じ)の最新版への更新は無料です。障害修正を含みますので、常に最新版にしておくことをお勧めします。
プログラムの更新は管理者権限で行ってください

グループウェア機能をお使いの方へ
グループウェア機能の「サーバモード」と「クライアントモード」には自動更新機能はありません。
下の「自動更新が失敗する場合:ポータブル以外」の手順で更新を行ってください(サーバと全てのクライアントは同じバージョンにしてください)。
WindowsはWindowsアップデートで、常に最新の状態にしてください
自動更新が失敗する場合は、下の「自動更新が失敗する場合」をお読みください。
1 本棚管理ウィンドウを開き、下記の方法のうちのどれかを実行します。


2 既に最新版の場合は、その旨を表すメッセージを表示します。
更新版が存在する場合は、インターネットを通して更新版をダウンロードして、自動的にインストールが始まります(自動更新が失敗する場合は、下の「自動更新が失敗する場合」をお読みください)。

自動更新が失敗する場合:ポータブル以外

以下の操作は、必ず更新しようとしているプログラムを終了した状態で行ってください。

グループウェア機能の「サーバモード」、「クライアントモード」の場合も、以下の手順でプログラムを更新してください。
1 コントロールパネルの「プログラムと機能(プログラムの追加と削除)」で更新しようとしているプログラムを削除してください。
プログラムを削除しても、ライセンス情報やデータはそのまま残ります

2 下のボタンを押して、更新しようとしているプログラムの同じメジャーバージョンのもの(「Ver X.Y」の「X」が同じもの)をダウンロードしてください。

3 ダウンロードしたファイルをダブルクリックして、インストールを実行してください。

自動更新が失敗する場合:ポータブル

以下の操作は、必ず更新しようとしているプログラムを終了した状態で行ってください。
1 下のリンクページから、更新しようとしているプログラムと同じバージョンのものをダウンロードしてください。
2 保存した圧縮ファイルを、ダブルクリックして解凍してください。
3 解凍後、「img」フォルダに入っているファイルやフォルダを全て、ポータブルのドライブ内に上書きコピーしてください。