電子納品にも使える【無料】電子小黒板付き写真撮影アプリ「スマホでアルバムPlus 3」

2022.12.09
こんにちは。
師も走る12月になり、お忙しい日々をお過ごしかと思います。

一発!工事写真台帳Plus 8.1が工事写真の「レイヤ化」に対応したと前回お伝えしました。



実は。
これと一緒に使うことができるスマホでアルバムPlus 3は、電子小黒板付きの写真を撮影することができるんです。

しかも無料で。



スマホでアルバムPlus 3 とは

・iPad、iPhone、Android、FireHDで使えるカメラアプリ
・公共工事の電子納品に使える電子小黒板付き写真を撮影できます。
J-COMSIAの小黒板情報電子化検定に合格
・無料
・一発!工事写真台帳Plusにインターネット経由でダイレクトに写真を取り込むことができます。(メモリーを取り出したり、ケーブルでつないだりする作業が不要)
・撮影時に入力した内容が一発!工事写真台帳Plusに反映されます。(再入力する手間を省けます。)
・お持ちのスマートフォンやタブレットなどで使えるので、専用ハードウェアを購入する必要がありません。

一発!工事写真台帳Plus も、ご購入前に無料で試すことができます。
手順を詳しくご紹介しますので、ぜひ、一度試してみてください。

※Windowsタブレットでは、一発!工事写真台帳Plusから直接、カメラを起動して同様の小黒板付き写真を撮影できます。


1. パソコンに一発!工事写真台帳Plus をインストールする
まずは、パソコン側に一発!工事写真台帳Plus 8.1 をインストールします。

古い一発!工事写真台帳を実行していたら終了してください。
Plus8をインストールすることで、同じPCにインストール済みの旧バージョンに影響を与える場合があります。
Plus8を試すだけであれば、購入済の旧バージョンを使っているのとは別のPCでお試しになることをお勧めします。

ボタンを押した先のページに2つボタンがあるので、下段、Plusがついている方をダウンロードしてくださいね。





ダウンロードしたものを実行すると、Plus8のインストールが始まります。

インストールの詳しい手順はこちらをご参照ください。

インストールできたら、デスクトップの「一発!工事写真台帳Plus8」を実行してください。



インストールしただけでは「試用版」です。
Plusのライセンスキーを購入してライセンス認証をすれば「製品版」に変わります。
試用版のままでもスマホでアルバムPlus3を試すことができます。

2. スマホでアルバムPlus 3 を開く
「設定」を押します。



「ライセンス」-「ライセンス登録情報を表示」とたどります。

途中で「ユーザー登録」の画面が表示された場合は、ユーザー登録をしてくださいね。
ユーザー登録をしても、購入を催促するメールが送られたりはしないのでご安心を(笑)

こんな画面が表示されます。



今回、大事なのは下半分、「スマホ-パソコン連携」の欄です。



赤枠のところにある数字が、いまインストールしている一発!工事写真台帳Plus8と、スマホでアルバムPlus3を紐づけるパスワードです。
一発!工事写真台帳Plus8.1と、スマホでアルバムPlus3は 1対1 で使います。

スマホでアルバムPlus3を使いたいスマートフォンやタブレットで、このQRコードを読み込んで実行してください。
パスワードも送られた状態で、スマホでアルバムPlus3が起動します。

こんな画面です。



スマホでアルバムPlus3は「ホーム画面へ追加」や「お気に入り」に登録しておくと便利です。


3. スマホでアルバムPlus 3 で小黒板付き写真を撮影する
それでは。
いよいよ小黒板付き写真を撮影しましょう!

まず「改ざんチェック値を撮影時に埋め込む」にチェックをつけます。



写真ファイルの形式をJPEGファイルかSVGファイルかを選びます。



JPEGファイルは、一般的な、おなじみの画像ファイルフォーマットですね。

SVGファイルは、前回お伝えしたレイヤ化に対応した画像ファイルフォーマットです。

どちらかを選んでください。
SVGの方は新しいフォーマットなので、もしかして受け付けない発注者さんもいらっしゃるかもしれませんので、そこは確認してください。

次に。
「情報を編集」でデジタル写真管理情報を入力します。



ここで入力した情報が、画像ファイルに含まれて保存されます。
だから、パソコンの一発!工事写真台帳Plusにこの写真を読み込むだけで、情報も一緒に読み込むことができるというワケです。



入力し終えたら、△痢嵬瓩襦廚婆瓩辰討ださいね。


次は電子小黒板です。
「電子小黒板を表示する」をチェックして「黒板を編集」をタップしましょう。



さきほどの「デジタル写真管理情報」と共通のところはすでに入った状態です。
それ以外の箇所を編集しましょう。



黒板をドラッグすると位置も変えられるんですよ。



編集が終われば「戻る」で戻ってください。




小黒板ができあがりました。
いよいよ撮影です!

カメラボタンを押すとカメラが起動します。



スマートフォンやタブレットによって画面は様々ですが、シャッターボタンを押します。



写真と黒板が合成されて入りました。



この写真をインターネットを経由して一発!工事写真台帳に取り込むというワケです。

雲の絵のボタンがアップロードボタンなんですが、
写真1枚だけなら,髻∩管瑤泙箸瓩謄▲奪廛蹇璽匹垢襪覆薛△離椒織鵑鮖箸い泙后



写真はスマートフォンやタブレットのメモリの中にあります。
予期せず失われることもありますので、こまめにアップロードすることをお勧めします。


4. 小黒板付き写真を一発!工事写真台帳Plusに取り込む
さぁ。
撮影した小黒板付き写真を、一発!工事写真台帳Plusに取り込みましょう!

ここからはパソコンにインストールした一発!工事写真台帳Plusでの操作ですよ。


「写真を追加」-「写真をダウンロードして追加」とします。



アップロードした写真ファイルの個数が表示されます。
もちろん、続行してください。



小黒板付き写真が入りました!



ダウンロードに成功したサーバー上の写真を消去します。よろしいですか?



「消去します」と言われたら、どうしよう、残しておいた方がいいかな?なんて思っちゃいますが(汗)
残しておくと、次にダウンロードするときにも重複してダウンロードされるので、ちゃんとダウンロードできたなら消去した方がいいですよ。

入った写真を見てみましょうね。



‐黒板がはいっています。

改ざんチェック値が埋め込まれているマーク。
この写真は改ざんされていません、ということを示しています。

デジタル写真管理情報が含まれているマーク
先程、スマホでアルバムPlus3上で入力しましたね。
その情報が写真ファイルに入っているよ、というマークです。

い旅事写真情報欄には、写真を読み込むだけでその情報がセットされます。



いかがでしょうか。

スマホでアルバムPlusでの入力作業が、ちょっと面倒に思われたかもしれませんが、一度入力したら、次の写真はそれが引き継がれるので、異なる箇所だけを変更するだけです。

パソコン側での入力作業も軽減されます。


これから、小黒板の電子化を求められる場面も増えてくると思われます。
この機会にぜひ、お試しくださいね。


執筆時の情報を元に記述しています。
画面や仕様など、変更されることもありますのでご了承ください。
一発!工事写真台帳
Copyright 2007-2024 by SeasideSoft, Corp. All rights reserved.