ウィルスバスターによる誤検出の回避方法


弊社のソフトは、60種類以上のウィルスチェックソフトで安全性を確認(virustotal)した上で、EVコードサイニング証明書(※)で署名しています。
(※)EVコードサイニング証明書とは、CA/ブラウザフォーラムが定めた厳密な認証基準に則り発行される信頼性の高いコードサイニング証明書です。EVコードサイニング証明書による署名は、オンラインで配布されるソフトウェアが第三者による変更や改ざんを受けていない真正なものであることを、最高レベルの確実性で保証します。

ソフトの種類やバージョンによって設定方法が違う場合があります。
詳細はウィルスチェックソフトのマニュアルなどをご参照ください。
誤検出の回避方法
1 「設定」をクリックします。
2 「例外設定」をクリックします。
3 「ファイル/フォルダ」でスキャンや監視の対象から除外するフォルダとして、一発!工事写真台帳をインストールしたフォルダを「追加」します。
通常は「C:\Program Files (x86)\シーサイドソフト」にインストールされています。


ウィルスバスターによって誤検出され、隔離されたファイルを復元する
タスクバーにある「ウィルスバスター」を起動して、「セキュリティレポート」をクリックします。

「〇件のウィルス、スパイウェア、疑わしいプログラムを検出」をクリック。
「詳細の表示」として、
  • S3Abmmng.exe
  • S3Abmmng.bin
  • S3Album.bin
があればその行をクリックし「復元」します。