ポータブルドライブを作成する

「ポータブルドライブ」とは、USB接続のハードディスクや・USBメモリに、「ブックマネージャー」のプログラムと写真データを入れて、このハードディスクやUSBメモリを持ちまわることで、複数のコンピュータ間で同じデータを編集できる機能です。


ポータブルドライブをあるコンピュータで動作させるには、下記の方法があります。
・オンラインライセンスキーを購入してコンピュータで認証する(認証済みのコンピュータであれば問題なく動作します)
・USBライセンスキーを購入してコンピュータに挿入する
上記の方法以外に、「ポータブル」(USBメモリにライセンスキー機能を持たせた製品で、機能としての「ポータブルドライブ」とは異なります)を購入するとメモリ自体にライセンスが入っていますので、メモリを持ち運ぶだけで全てのパソコンで動作します。

USB接続のデバイスにのみ対応します。
USB接続のドライブはexFATでフォーマットすることをお勧めします。
1 本棚管理ウィンドウのの「操作」−「ポータブルドライブを作成」を選択します。
2 複数のUSBドライブが存在する場合は、ドライブの選択ダイアログボックスが表示されますので、ポータブルドライブを作成するドライブを選択します。USBドライブが一つしかない場合は、表示されません。

ファイルの混在を防ぐために、ポータブルドライブはフォーマット(exFATを推奨)しておくことをお勧めします。 3 USBドライブにポータブルのイメージが作成されます。
USBドライブが仮に「G」ドライブだとした場合、(「ブックマネージャー」を終了した状態で)「G:\ブックマネージャー.exe」を実行することでポータブルドライブ内のプログラムを起動できます。
ポータブルドライブ内の「ブックマネージャー」は、データを同じポータブルドライブ内に保存しますので、ポータブルドライブを他のパソコンにつなぐことで、同じデータを編集できます。
ポータブルドライブを接続したパソコンはライセンス認証されている必要があります。詳しくは、このページの最初の説明をお読みください。